読書-Harinezumiの生活

読書好きな自分(読書垢)が読んで本で伝えたいことなどを書いていきたいと思います!

白夜行 ~東野 圭吾~ ふたりの人生をずっと見ているのは・・・

東野圭吾さんの代表作品と言える「白夜行」はミステリー小説が好きな方であれば、一度は読んでおくべき作品ではないでしょうか!

大人によって人生を狂わされた二人の子供・・・

本当にこんな人生を送らなければならなかったのか・・・

そしてそんな2人をずっと近くで見ていた人物とは!

 

■白夜行あらすじ

風と共に去りぬ

1973年、大阪の廃墟ビルで一人の質屋の男が殺されます。

容疑者は次々に浮かぶものの、結局、事件は迷宮入りとなってしまいます。

その被害者の息子・桐原亮司と、「容疑者」の娘・西本雪穂という2人の登場人物。

純粋な少年と、少女は、その後、全く別々の道を歩んで行くことになります。

しかし、その2人は絶えず目に見えない線でつながっているのです。

マーガレット・ミッチェルの「風と共に去りぬ」も物語の中では2人をつなぐ重要アイテムになります。

2人の周囲に見え隠れする、幾つもの恐るべき犯罪。

しかし、何も「証拠」はない。

そして19年が過ぎ・・・ 展開は息詰まる最終方向へ。

そして2人をずっと見続けるひとりの刑事の人生・・・

心を失った人間の悲劇を描く、傑作ミステリー長篇です。

 

■この小説の特徴

白夜行の2人

東野圭吾さんの作品の中でもかなり代表的な長編になると思います。

長編ながらも読み進めると止まりません。

それだけ物語に引き込まれてしまいます。

周囲の大人たちの汚い欲望やその行動から子供の頃の亮司と雪穂の純粋な関係と2人のその後の人生も狂わせていく・・・

その様子が非常に痛々しく感じてしまいました。

2人のそれぞれの生き方が長く描かれており、成功をつかみながらも何か満たされない
感じが常にあります。

犯罪の容疑者として笹垣刑事は2人のことを追い続けます。

2人のことを本当によく見ていたのは、実は親よりも笹垣刑事なのかもしれないですね。

 

■ドラマ化されています

この物語は映像化されています。

ドラマもあわせて視聴しました。(Huluで視聴ができますよ)

私の主観的な感想ですが、ドラマでは小説に直接的に書かれていない行間の部分をうまく表現してくれている感じがしました。

なので、本とドラマを合わせて見ることで、トータルとしての「白夜行」を知ることができる感じです。

是非!東野圭吾さんの世界観を味わってみてください。

きっと読んでよかったと思える本です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

白夜行 (集英社文庫(日本)) [ 東野 圭吾 ]
価格:1,430円(税込、送料無料) (2023/12/18時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

白夜行 完全版 Blu-ray BOX 【Blu-ray】 [ 山田孝之 ]
価格:23,232円(税込、送料無料) (2023/12/18時点)